音声再生ペン G-Speak(ジー スピーク)

 本会が、(財)日本鳥類保護連盟〔*現在は、公益財団法人日本鳥類保護連盟〕と共同して企画制作した4種類の「野鳥シート」のうち、「身近な野鳥」「水辺の野鳥」「身近に鳴く虫・カエル」の3種は、音声再生ペン G-Speak(EC-Pen, UD-PEN)に対応しています。

この G-Speakを使い、それぞれのシートに印刷されたアイコン(♪・I)に軽くタッチすると、野鳥や鳴く虫、カエルの鳴き声と解説を聞くことができます。

使い方は、以下のカタログの右上写真を参照してください。
http://www.jspb.org/GSpeak_Catalog.pdf

単4電池2本で動作しますので、野外でも使用できます。

ぜひ、「野鳥シート」といっしょに、フィールドでもご活用ください。

○購入はこちらからどうぞ。
http://www.jspb.org/shohinyachosheet.html

▲このページのトップへ

野鳥シート『~鳥から知る~環境ものさし』

 本会が、(財)日本鳥類保護連盟〔*現在は、公益財団法人日本鳥類保護連盟〕の制作に協力した「野鳥シート」シリーズの第4弾です。

 私たちの身近な市街地や都市周辺のフィールドから、自然豊かな里山や産地の森林地帯に至る様々な環境に生息している野鳥50種を取り上げ、それぞれを環境指標となる「ものさし鳥」として、敢えて点数化して載せてあります。このシートを手に野鳥観察に出かけた際、姿が見られた鳥や鳴き声が聞かれた鳥について、所定の方法で当てはまる点数を合計すると、その合計点から環境の状態がどの程度のレベルのものなのかを知ることができます。

 環境レベルはA~Eの5つに区分されていて、それぞれの環境の状態と今後に向けた保護目標についての解説が示されています。点数化という方法を採用することにより、ある種のゲーム感覚で、様々な野鳥とかれらの棲む環境について知ることができ、そのことが、私たちと自然との関わり方を見直すきっかけにもなるものと思われます。

 ぜひ、学校でもご家庭でも、お気に入りのフィールドに出かけた際、一度このシートを使ってみてください。きっと新たな発見があなたを待っていることでしょう。

<収録されている野鳥>
[表]
ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、ハクセキレイ、ドバト、コシアカツバメ、ツバメ、ムクドリ、カワラヒワ、シジュウカラ、オオヨシキリ、セッカ、セグロセキレイ、ヒバリ、カワセミ、ヒヨドリ、キジバト、キジ♂♀、アオバズク、イカル、エナガ、ヤマガラ、ホオジロ、ウグイス、メジロ、コゲラ、カッコウ、モズ、ホトトギス、キセキレイ、アオゲラ、フクロウ、サシバ、オオタカ [表面34種]

[裏]
サンショウクイ、クロツグミ、ゴジュウカラ、コガラ、ツツドリ、アオバト、キビタキ、センダイムシクイ、ミソサザイ、オオルリ、オオアカゲラ、アカゲラ、ヤマドリ♂♀、サンコウチョウ♂♀、アカショウビン、クマタカ [裏面16種]

○購入はこちらからどうぞ。
http://www.jspb.org/shohinyachosheet.html

(全国愛鳥教育研究会 箕輪 多津男)

▲このページのトップへ

野鳥シート『身近に鳴く虫・カエル』

 本会が、(財)日本鳥類保護連盟〔*現在は、公益財団法人日本鳥類保護連盟〕と共同して企画制作した「野鳥シート」シリーズの第3弾です。

 ただし、これまでの「野鳥シート」とは違い、鳴く虫(昆虫)とカエルをテーマにした新しいタイプのシートです。季節が訪れるといつでも身近に観察できる種から、最近では、ほとんど姿を見たり声を聞いたりすることができなくなってしまったような種まで、約50種を取り上げ、これまで同様、松原巖樹先生のイラストによって構成されています。

 また、本シートは別売りとなっている音声再生ペン*に対応しているので、それを使うと、それぞれの種の鳴き声や解説をその場で聞くこともできるようになっています。

 身近な自然を見直していくためにも、こうした昆虫やカエルたちにも目を向け、より広い視野で生きものたちの織りなす世界を眺めてみてください。

 このシートを手に、お気に入りのフィールドに出かけてみれば、きっと季節を感じさせてくれるすてきな鳴き声が、あなたを迎えてくれるに違いありません。

<収録されている種>
[表]
ハラオカメコオロギ、クサヒバリ、ツヅレサセコオロギ、カネタタキ、マダラスズ、タンボコオロギ、ミツカドコオロギ、シバスズ、カンタン、マツムシ、アオマツムシ、キリギリス、ナキイナゴ、エンマコオロギ、ヒメギス、スズムシ、ハヤシノウマオイ、ショウリョウバッタ、クビキリギス、ササキリ、ヤブキリ、ハタケノウマオイ、クツワムシ、セスジツユムシ、クサキリ、ケラ、モズ [表面27種]

[裏]
アブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシ、ハルゼミ、ニイニイゼミ、エゾゼミ、エゾハルゼミ、チッチゼミ、シュレーゲルアオガエル、モリアオガエル、ヌマガエル、ニホンアマガエル、トウキョウダルマガエル、カジカガエル、タゴガエル、ヤマアカガエル、トノサマガエル、ニホンヒキガエル、ツチガエル、ニホンアカガエル、ウシガエル、アマサギ [裏面24種]

*音声再生ペン G-Speak(ジー スピーク)について
詳しくは、以下のカタログを参照してください。
http://www.jspb.org/GSpeak_Catalog.pdf

○購入はこちらからどうぞ。
http://www.jspb.org/shohinyachosheet.html

(全国愛鳥教育研究会 箕輪 多津男)

▲このページのトップへ